スポンサーリンク
トップ  >  ★原価計算の基礎  >  原価とは
原価 原価計算 原価計算基準

原価とは ?

 

スポンサーリンク

 

 原価とは、
製品やサービスを顧客に提供するまでにかかる費用のことです。

 

狭義の原価は、
材料費、加工費などの製品を生産するに要する費用のことで「製造原価」を指します。

 広義の原価は、
販売費や一般管理費までの費用、会社運営費用までを含んだ「総原価」としての原価までを指します。

 
広辞苑によると(抜粋)
原価
‐ι福製品・サービスの製造・販売に費消された財貨・サービスの価値。商品単位当たりなどに集計した金額をいうこともある。生産費・コスト
∋兎値段、もとね、卸値段

 <参考>
原価計算基準

第一章 原価計算の目的と原価計算の一般的基準
三 原価の本質

原価計算制度において、原価とは、経営における一定の給付にかかわらせて、把握された財貨又は用役(以下これを「財貨」という)の消費を、貨幣価値的に表わしたものである。

(一) 原価は、経済価値の消費である。経営の活動は、一定の財貨を生産し販売することを目的とし、一定の財貨を作り出すために、必要な財貨すなわち経済価値を消費する過程である。原価とは、かかる経営過程における価値の消費を意味する。

(二) 原価は、経営において作り出された一定の給付に転嫁される価値であり、その給付にかかわらせて、は握されたものである。ここに給付とは、経営が作り出す財貨をいい、それは経営の最終給付のみでなく、中間的給付をも意味する。

(三) 原価は、経営目的に関連したものである。経営の目的は、一定の財貨を生産し販売することにあり、経営過程は、このための価値の消費と生成の過程である。原価は、かかる財貨の生産、販売に関して消費された経済価値であり、経営目的に関連しない価値の消費を含まない。財務活動は、財貨の生成および消費の過程たる経営過程以外の、資本の調達、返還、利益処分等の活動であり、したがってこれに関する費用たるいわゆる財務費用は、原則として原価を構成しない。

(四) 原価は、正常的なものである。原価は、正常な状態のもとにおける経営活動を前提として、は握された価値の消費であり、異常な状態を原因とする価値の減少を含まない。

※原価計算基準
昭和37年(1962)11月8日 大蔵省企業会計審議会中間報告

この原価計算基準は、他の法規制と同様、時代環境の変化に対応して見直しなどはされていないため完全ではない。

 

スポンサーリンク

 

プリンタ用画面
投票数:71 平均点:6.34
カテゴリートップ
★原価計算の基礎
次
原価計算とは

NEW BOOK

[図解]知らないとヤバい! 領収書・経費精算の話
梅田 泰宏
4569832717
PHP研究所 2017-01-21

 
戦略的コストマネジメント―間接費改革から始める

株式会社コンカー
B06Y1CWLNN
東洋経済新報社 2017-03-24

 

スタンダード管理会計(第2版)
小林 啓孝 伊藤 嘉博 清水 孝 長谷川 惠一
4492602259
東洋経済新報社 2017-03-24

 

原価計算コンテンツ

TOP
★原価計算の基礎
★原価用語
★これからの原価計算
★原価システム
★管理会計
原価計算の資格
★過去の震災後の景気
HP Directplus オンラインストア

 

デル株式会社