スポンサーリンク
トップ  >  ★原価計算の基礎  >  直接原価計算
原価計算 直接原価計算

直接原価計算

スポンサーリンク

 


直接原価計算とは、原価を変動費と固定費に分解し、売上高から変動費を控除し、貢献利益を算定、さらに貢献利益から固定費を控除して営業利益を計算する方法をいう。

直接原価計算を行うことにより、CVP分析が可能となり原価管理、予算には有意義であるが、財務会計との連動性には工夫が必要である。 

財務会計では、製品原価に間接費を配賦し算定する。間接費の中には、生産量と関係なく発生するものが含まれている。生産量増減、在庫増減により、間接費の配賦が増減し、利益に影響する。このような問題点は、直接原価計算にはない。

売上高  − 変動費  =  貢献利益
貢献利益 − 固定費  =  営業利益

 

全部原価計算と直接原価計算の比較


1.全部原価計算は原価の算定手法として古くから財務会計で認められている。これに対して、直接原価計算は、企業内部の管理会計に用いられている。財務会計で使用するときは一定の補正が必要となる。

2.全部原価計算においては、販売価格−全部原価=利益として計算されるため、売上が上がればすぐに利益が計上されるような錯覚に捉われるが、実際は一定量以上の売上(損益分岐点売上)がないと利益は確保されない。直接原価計算においても、貢献利益を確保しただけでは、固定費が回収される保証がないという問題がある。

3.全部原価計算は固定費込みの原価であるため、比較的長期の価格設定に適しているが、直接原価計算の原価は固定費を含まない原価であるため、短期の価格設定に適している。

 

直接原価計算から全部原価計算への連動


直接原価計算で求めた営業利益を財務会計で使用するためには、製造固定費の調整を行う必要がある。
期首期末の棚卸資産の固定費部分を利益に加減算する。

全部原価 = 直接原価−期末在庫品固定費+期首在庫品固定費

 

 

BOOK
図解でわかる原価計算 いちばん最初に読む本
   
久保 豊子

 

プリンタ用画面
投票数:69 平均点:5.07
前
標準原価計算
カテゴリートップ
★原価計算の基礎
次
全部原価計算

NEW BOOK

[図解]知らないとヤバい! 領収書・経費精算の話
梅田 泰宏
4569832717
PHP研究所 2017-01-21

 
戦略的コストマネジメント―間接費改革から始める

株式会社コンカー
B06Y1CWLNN
東洋経済新報社 2017-03-24

 

スタンダード管理会計(第2版)
小林 啓孝 伊藤 嘉博 清水 孝 長谷川 惠一
4492602259
東洋経済新報社 2017-03-24

 

原価計算コンテンツ

TOP
★原価計算の基礎
★原価用語
★これからの原価計算
★原価システム
★管理会計
原価計算の資格
★過去の震災後の景気
HP Directplus オンラインストア

 

デル株式会社