スポンサーリンク
トップ  >  ★これからの原価計算  >  ITの活用
原価システム

 IT(情報)を活用した原価計算

 

スポンサーリンク

 


IT(情報技術)は、格段と進歩し、処理容量、処理スピード、記憶容量、ソフト技術の進歩ともに従来実現できなかったことがいとも簡単にできるようになった。

「原価計算」においても複雑な計算や分析が可能となっている。

その環境においては、従来の制約などは改めて頭をクリアにして考えなければならない。

月次単位⇒リアルタイム
従来の原価計算は、月次単位や半期・年度単位での管理が普通であった。それにあわせた業務の処理や判断が行われてきた。
各種の情報(購買情報、生産情報など)を入手することで、日次、週次の原価計算は可能である。
 

充実したソフト
各企業によって異なる生産システムにあわせた原価計算だったために制約が多かったが、ERPパッケージソフトウェアの充実により、生産システムもパッケージ化され、原価計算においても使用出来るようになっている。
 

複雑化、グローバル化した企業活動
昨今の企業は、生産拠点も中国・新興国に移管し、マーケットもグローバルに展開しなければ、生き残れないとも言われている。そうした中、グローバルな連結原価計算により、材料費と加工費の範囲ではなく、物流費や生産促進のための間接コスト、販売促進のコストを把握する原価計算でなくてはならない。複雑に見えるコスト把握をITの対応で実現したい。
 

 これからの原価計算を考えた場合に
過去の流れを受けた原価計算は、財務会計に使われる棚卸資産の評価主体で、財務のための原価計算、経理のための原価計算であった。
これからの原価計算は、IT技術の進化により、より複雑でもタイムリーな結果の実現ができる。それぞれの部門が、それぞれの目的のため、原価情報として有用に活用できる原価計算の実現を目指すべきではないであろうか。

 

 


図解でわかる原価計算 いちばん最初に読む本
   
久保 豊子

 

プリンタ用画面
投票数:54 平均点:4.81
前
原価構造の変化
カテゴリートップ
★これからの原価計算
次
欧米企業との原価計算の違い

NEW BOOK

[図解]知らないとヤバい! 領収書・経費精算の話
梅田 泰宏
4569832717
PHP研究所 2017-01-21

 
戦略的コストマネジメント―間接費改革から始める

株式会社コンカー
B06Y1CWLNN
東洋経済新報社 2017-03-24

 

スタンダード管理会計(第2版)
小林 啓孝 伊藤 嘉博 清水 孝 長谷川 惠一
4492602259
東洋経済新報社 2017-03-24

 

原価計算コンテンツ

TOP
★原価計算の基礎
★原価用語
★これからの原価計算
★原価システム
★管理会計
原価計算の資格
★過去の震災後の景気
HP Directplus オンラインストア

 

デル株式会社