スポンサーリンク
トップ  >  ★原価システム  >  自社開発ソフト
自社開発ソフト構築

 自社開発ソフトと原価計算システム・原価情報システム


原価計算システム・原価情報システムを構築する場合、自社開発のソフトウェアにするか、パッケージソフトウェア(業務パッケージソフトウェア、ERPパッケージソフトウェア)にするか大いに悩ましいところであり、重要なポイントである。
 

自社開発システムは、当然時間がかかり、システム開発費用もかかるが、自社の業務にあわせて、必要な機能を自由につくれ、必要な機能を将来的に順次拡張できる設計にしたりすることができる。

開発期間も長くなるが、またテスト・評価をし、安定した稼働になるまでも時間がかかってしまう。理想的なシステム構築を目指してスタートするが、結果、妥協したものになってしまうケースも多くある。

システム開発費用も多くかかり、社内の人の工数もかかってしまうため、総トータル費用もシステムの規模が大きくなるほど多額な費用が必要になる。

システムをうまく切り分け、定型の業務等についてをパッケージソフトで行い、自社開発しなければならない部分と連携を分けるなど構築の工夫も検討する必要がある。

 

 

プリンタ用画面
投票数:21 平均点:4.76
前
原価計算・原価情報システムの構築
カテゴリートップ
★原価システム
次
業務パッケージソフトウェア

NEW BOOK

[図解]知らないとヤバい! 領収書・経費精算の話
梅田 泰宏
4569832717
PHP研究所 2017-01-21

 
戦略的コストマネジメント―間接費改革から始める

株式会社コンカー
B06Y1CWLNN
東洋経済新報社 2017-03-24

 

スタンダード管理会計(第2版)
小林 啓孝 伊藤 嘉博 清水 孝 長谷川 惠一
4492602259
東洋経済新報社 2017-03-24

 

原価計算コンテンツ

HP Directplus オンラインストア

 

デル株式会社