スポンサーリンク
トップ  >  ★原価計算の基礎  >  棚卸資産評価=原価法・低価法・時価法
原価計算 棚卸評価額

原価法・低価法・時価法=棚卸資産評価方法

 

スポンサーリンク

 

棚卸資産の期末残高の価額の評価には、原価法、定価法、時価法に区分できる
 

原価法

棚卸資産の取得に際して、会計帳簿に記録された実際取得原価や実際製造原価を基準とし、これに各種の原価配分方法を適用することによって、期中の棚卸資産の払出原価を算定するとともに期末棚卸資産原価を算定する方法をいいます。
 

低価法

原価法によって算定された期末棚卸資産価額を時価とを比較し、いずれか低い方をもって、棚卸資産の期末評価額とする方法をいいます。

低価法は、保守的な会計処理として広く慣行化され、商規則上、法人税法上でも認められている。原価と比較されるべき時価は、原則として再取得価額とされます。

時価法

期末棚卸評価額を時価で期末評価額とする方法をいいます。
時価は再取得価額とされます。

 

 

 

 

BOOK
図解でわかる原価計算 いちばん最初に読む本
   
久保 豊子

 

プリンタ用画面
投票数:17 平均点:5.29
前
原価差異項目
カテゴリートップ
★原価計算の基礎
次
バックフラッシュ原価計算

NEW BOOK

[図解]知らないとヤバい! 領収書・経費精算の話
梅田 泰宏
4569832717
PHP研究所 2017-01-21

 
戦略的コストマネジメント―間接費改革から始める

株式会社コンカー
B06Y1CWLNN
東洋経済新報社 2017-03-24

 

スタンダード管理会計(第2版)
小林 啓孝 伊藤 嘉博 清水 孝 長谷川 惠一
4492602259
東洋経済新報社 2017-03-24

 

原価計算コンテンツ

TOP
★原価計算の基礎
★原価用語
★これからの原価計算
★原価システム
★管理会計
原価計算の資格
★過去の震災後の景気
HP Directplus オンラインストア

 

デル株式会社