スポンサーリンク
トップ  >  ★これからの原価計算  >  伝統的原価計算の限界
伝統的原価計算の限界 原価計算の問題

 伝統的原価計算の限界

 

スポンサーリンク

 


伝統的な原価計算および原価管理に限界がきていると言われています。

 

 ★原価計算の単位
企業単位の原価計算、連結ベースの原価管理や収益管理の視点が弱い

★管理対象
製造に直接的に関わるコストの管理に焦点があたり、自動化が進み、IT化、など間接的な償却費、物流費も含めたトータルな原価管理意識が弱い

★管理サイクル
月次決算を基本としている

★標準化
グループ全体の標準化、統一化が弱い

★計算対象
発生費用にもとづく、結果としての過去情報の原価計算で、予測情報など視点が弱い

★管理手法
標準原価の精度が悪くなると崩壊する

★業務連携
関係業務と有機的な視点が弱い




 

 

 


図解でわかる原価計算 いちばん最初に読む本
   
久保 豊子

 

プリンタ用画面
投票数:13 平均点:5.38
前
欧米企業との原価計算の違い
カテゴリートップ
★これからの原価計算

NEW BOOK

[図解]知らないとヤバい! 領収書・経費精算の話
梅田 泰宏
4569832717
PHP研究所 2017-01-21

 
戦略的コストマネジメント―間接費改革から始める

株式会社コンカー
B06Y1CWLNN
東洋経済新報社 2017-03-24

 

スタンダード管理会計(第2版)
小林 啓孝 伊藤 嘉博 清水 孝 長谷川 惠一
4492602259
東洋経済新報社 2017-03-24

 

原価計算コンテンツ

TOP
★原価計算の基礎
★原価用語
★これからの原価計算
★原価システム
★管理会計
原価計算の資格
★過去の震災後の景気
HP Directplus オンラインストア

 

デル株式会社